MENU

agaの現状維持の方法について

アメリカのメルク社が開発したプロペシアを正しい服用方法で取り入れていれば、劇的な育毛効果はありませんが現状維持にはつながると言われています。確かに、薄くなった部位の髪の毛のボリュームを増やして目立たなくさせるのが目的ですが、髪の毛をフサフサにさせることだけが薄毛治療の目的ではありません。

 

元々、毛根のない部分に髪の毛を生えさせるような薬ではありませんが、aga(男性型脱毛症)によって短くなったヘアサイクルを正常な状態に戻し、細く短くなった髪の毛を太く、長く成長させる作用があると言われています。髪の毛が減りやすい要因を少なくすれば、必然的に髪の毛が増える結果に繋がります。現状維持しかできないとしても、プロペシアの服用には大きな意味があると言えます。
実際に、現状維持だけではなく、プロペシアで薄毛が改善した方もいるようです。手術で身体に後遺症を残したくない方には、医学的には最も有効な治療法といえるでしょう。
人のよっては、ハゲが進行して頭頂部や生え際の地肌が見えるような状態で服用して効果があるのかと疑問に思われる方もいるでしょう。基本的にaga治療には手遅れはありません。専門のクリニックを受診すれば、個人の薄毛の進行状態に応じて、適切な治療法を提供してくれます。

 

しかし、手遅れの状態で服用しても大きな改善効果は期待できませんが、すべての治療が無駄になったわけでもありません。年齢が若ければ、薄毛はそこまですごく進行していないはずですので、早めの段階で治療に取り組むことが大切です。20代、30代で薄毛治療に取り組むのに恥ずかしいと思われる方も多いですが、将来的に少しでも多くの毛髪を残したいのであれば、治療を始めることを考えるといいでしょう。