MENU

agaの原理は男性ホルモンとヘアサイクルの乱れ

最近、テレビのコマーシャルや雑誌などで、agaという言葉を見聞きする機会が増えました。これは、androgenetic alopeciaの略称で、男性型脱毛症と言います。また、薄毛や抜け毛に悩んでいる人、将来頭髪に不安がある人をサポートし、生活習慣の改善も図るのがaga治療です。一般的な症状としては、だんだんと額が後退してきたり、頭頂部が薄くなってくるなどが特徴です。このような髪の変化は、20代から始まって35歳までには、約40%の男女に何らかの脱毛症状が現れます。agaには特徴的な脱毛パターンがあり、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていき、薄毛が進行していきます。

 

発症年齢や進行の程度には個人差があり、早い人だと10代で症状が現れる人もいます。原理は、まず、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという還元酵素の働きで、ジヒドロテストステロンという物質に変換されます。そして、このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある受容体に結合することにより、髪の成長を抑制するということです。また、その他の引き起こす原因としては、ヘアサイクルの乱れも考えられます。髪は、ヘアサイクルに基づき少しずつ成長しているのですが、このヘアサイクルが崩れることによって、引き起こされます。健康的なヘアサイクルだと、長くて硬い髪が抜け、一日平均100本抜けるのに対して、乱れたヘアサイクルだと、短くてやわらかい髪が抜け、抜ける本数がとても多いのが特徴です。ヘアサイクルの乱れの原因は、加齢、ストレス、食事、生活習慣が考えられます。これらを改善する効果的な治療のためには、一人一人異なる医師からアドバイスをもらえる専門的病院が最適です。