MENU

agaの意味や原因について

まず、agaとは「男性型脱毛症」の意味です。成人男性によく見られる髪が薄くなる状態のことを言います。思春期以降に額の生え際かや、頭頂部の髪がどちらか一方、または双方から薄くなってきます。
agaの原因ですが、一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因とされています。遺伝では、男性が母親から受け継ぐX染色体上にあるため、母方の祖父の頭髪で自分の将来がわかるかもしれないとも言われています。「ハゲは遺伝する」とも言いますが、どの遺伝子が原因かはわかっていません。

 

男性ホルモンの影響では、脱毛部分の頭皮に多量のDHTが確認されています。DHTは5αー還元酵素により、テストステロンから作られ、このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合します。それにより、ヘアサイクルが乱れ、成長期が終了してしまいます。結果、毛髪が太く長い毛に成長する前に抜けてしまい、十分成長しない細い短い毛髪が多くなることで、全体として薄毛が目立つようになってしまいます。
そのほか、ストレスから引き起こす場合もあります。現代社会では、皆がそれぞれのストレスを持っていますので、これらとは上手に付き合い解消することが必要です。
抜け毛を防ぎ、治療の効果を上げるためには、頭皮の健康とともに体の健康も必要です。不規則な生活、過度な飲食、喫煙習慣、運動不足、睡眠不足、ストレス過多など、髪の毛によくないことをしていては、どんなに良い薬を服用していても、その薬の効能を妨げることになります。結果、効果が半減してしまいます。

 

agaは、何も手を施さないでいると前頭部、頭頂部の脱毛発症部位は必ず進行していきます。まずは、専門外来や医療機関へ相談するのもいいでしょう。