MENU

AGA治療のためのクリニック、失敗しない選び方

 AGA(男性型脱毛症)治療のためのクリニックを選ぶ際に、失敗しない選び方について、ご紹介します。AGA治療は、保険の適用外となり自由診療となりますので、費用は高額になります。プロペシアやミノキシジルといった内服薬代だけでも、月に3万くらいは必要です。それだけお金がかかる治療だけに、クリニック選びは慎重にしなければいけません。また、AGAは進行性の病気となりますので、早期治療が重要となります。
 AGA治療を行っているクリニックは、専門以外にもさまざまな形態があるのですが、やはり失敗しない選び方というのであれば、専門のAGA治療クリニックをおすすめします。治療の臨床数が桁違いに多いからです。治療実績が多い病院の方が安心感も違います。そのほかに、失敗しない選び方としては、見積もりを出す病院は要注意です。他の病気で病院にかかった場合には、見積書などもらいません。男性型脱毛症の治療で、見積もりを出すような病院は、薄毛治療を商売として見ているという証拠です。
 病院を選ぶ際には、内服薬治療とHARG治療などの施術の2種類の治療がある病院を選ぶことをおすすめします。フィナステリドやミノキシジルは、確実に薄毛に効果がある内服薬なのですが、薄毛の進行度合いによっては、満足がいくまでの毛量を得られないケースがあります。その場合には、頭皮に直接、ミノキシジルや成長因子を浸透させるような治療が、必要になるからです。

男性ホルモンによってもたらされるAGAについて

AGAとは、男性型脱毛症のことです。男性型ですから、AGAについては男性のみが発症する脱毛症と認識している人が多くいます。しかし女性の体内にも男性ホルモンが存在するため、女性が発症することもあります。
AGAについて、その原因と対処法を詳しくご説明します。まず男性ホルモンは、そのままの状態なら、むしろ体毛を増やしてくれます。しかし5αリダクターゼという酵素と結合することで、抜け毛を誘発させる悪玉の男性ホルモンになります。
男性ホルモンの分泌量の多い人は体毛が多くなりがちですが、多い分5αリダクターゼによって悪玉の男性ホルモンに変質することも多いです。つまり、抜け毛も多くなりがちなのです。
したがってAGAを改善するためには、活発すぎる男性ホルモンを抑えたり、5αリダクターゼの働きを阻害したりすることが有効と言えます。そのためAGAの治療には、そういった作用のある成分が配合された医薬品が処方されています。

aga検査キットによる検査の注意点

aga(男性型脱毛症)とは生え際や頭頂部が薄くなっていく男性特有の病気で、栄養状態や生活習慣、あるいは年齢にかかわらず成人男性に発症するものと言われています。この病気は頭頂部と前頭部の脱毛が目立つといった特徴があるものの、なかなか自分では発症しているのかどうかは判断しにくいのが現実です。その場合、医療機関で検査をすれば確実に判断がつきますが、いきなり医療機関に行くのは気がひける場合は自宅でも専用のキットを用いてある程度調べることが可能です。そこでここでは、検査キットを用いた検査とはどのようなものなのか、そしてその注意点を紹介します。

 

まずaga検査には遺伝子検査と診察による検査方法がありますが、検査キットを用いた検査は遺伝子検査にあたります。インターネットで注文し、医療機関での検査よりも安く済むといった手軽さが魅力といえます。
しかしながら重大な注意点があります。それは自宅での検査では現在発症しているかどうかの判断はできないということです。
そもそも遺伝子検査は発症しやすい体質かどうか、そしてaga専門治療薬であるフィナステリドが効く体質かどうかをみるものです。医療機関で遺伝子検査を受ける場合は発症しているかどうかまで確認ができますが、検査キットの場合はそこまで判断つかず自分は発症しやすい体質なのか、そしてフィナステリドが効く体質かどうかまでしか判断がつきません。この検査内容を知らずに購入してしまう方が多いため、もし自宅での検査を考えている方は注意が必要です。
しかしながら自宅で行う検査はその後の適切な育毛方針を立てる上では有益なものといえます。もし医療機関での診察の前にある程度調べておきたいという方は利用すると良いでしょう。

aga治療の前には血液検査が行われます

皮膚科や薄毛治療専門のクリニックでは、来院してすぐに治療が開始されるわけではありません。このような病院やクリニックでは、まず血液検査が行われます。これは、血液や毛髪のDNA塩基配列を分析し、男性ホルモン「テストステロン」と還元酵素が一体化した、aga(男性型脱毛症)の原因である「ジヒドロテストステロン」への感受性を調べるためのものです。この検査によって、ドクターは薬の投与量(あまり多すぎると体に悪影響を与えてしまいます。)や患者がどれほど薄毛になりやすい体質か、aga(男性型脱毛症)がどれほど進行しているか、副作用の出やすさ、薬を投与することの危険性を知ることが出来るのです。

 

血液検査自体は、通常の検査同様に腕から静脈血を約2mlほど採取します。検査費用はおよそ5000?6000円程度です。また、薄毛の原因は必ずしも男性ホルモンによるaga(男性型脱毛症)だけとは限りません。実は、薄毛の裏には糖尿病や肝機能障害(肝機能障害がある患者には、基本的に薄毛治療の内服薬は処方出来ません。)などという大きな病気が隠れている可能性もあります。ですから、事前にしっかりと血液検査をして、患者それぞれの体質を把握しておくことが大切なのです。ちなみに、一般病院と専門クリニックでは、治療方法に色々な違いがあります。専門クリニックでは、採血の結果から不足しがちな栄養素を調べたり、血圧測定、視診、触診などが行われています。そんな中、現在ではこのような薄毛治療の薬を個人輸入で購入できるサイトがあります。しかし、当然のことながら個人で購入して服用した場合には、様々な検査を受けることがないため、それなりのリスクがあることを知っておく必要があります。

更新履歴